いわゆる働き盛りに多く発症

いわゆる働き盛りに多く発症

更年期障害などの原因である女性ホルモンプリゲステロンの減少が喉や気道の筋肉の動きに関係してるたためだ。殊更あの頃に比べて10キロ以上体重が増加した場合は注意が必要です。

女性で注意することが閉経後です。お腹などに脂肪が付くように喉や気道にも脂肪がつきまして空気を塞いでしまいましたとしてましています。

閉経してしまうでしょうと睡眠時無呼吸症候群になる確率は3倍になるとも言い伝えられてるんです。睡眠時無呼吸症候群になる方には外見的、生活習慣などの特徴があるが、男女差も有ります。

実は男性の方が無呼吸状態に陥る事が多といった結果が出ているのです。その他にも、男女差が見られるのは睡眠時無呼吸症候群になりましてしまう「年齢」も挙げられます。

さらに、喉周りにも男性の方が脂肪が付きやすい傾向が有るのでより機動は小さく狭くなっちゃいがちなのなんです。丁度更年期障害などで心身の不調が現れる時期なだけに体調や生活習慣を見直す事が大切です。

これにはきちんとした理由があって、男性は女性に比べて肥満となった場合に上半身に脂肪が付きやすいからなんです。もしも自分が要注意点が見られましましたり、丁度なっちゃいやすい年齢である方は更にの注意が必要です。

以上、男女差や年齢の違いについて言いましたが、自分はまだ青春から、肥満ではないだろうから絶対になることはないというかんじではなくなったので、誰しも睡眠時無呼吸症候群への注意は必要なんです。すべての男性は30〜60代の要するに働き盛りに多く発症します。

20代などの年頃頃は肥満とは程遠い体型でも加齢と共に脂肪は増加して行われたり、長年の不摂生が逾溘kと言う事が原因です。


ホーム RSS購読 サイトマップ